消費者金融でも銀行のカードローンでもどちらにでも言えるのが

 

アルバイト・パートでも安定収入があれば申込可能


と言うことです。アルバイト・パートの方でも安心してください。しかし審査が通るかどうかという点ではやはり消費者金融の審査能力が上回るのでアルバイト・パートの方には消費者金融の方が適しているということもいえます。

アルバイト・パートの方の収入では借入枠は出ても50万円という枠でしょうからどのカードローンでも最高金利の適用になってきます。その金利で利息を比較してもプロミス・アコムなら無利息サービスがあるので遜色なく、逆に返済期間が短いと銀行カードローンの利息よりも低くなります。

今すぐ借りたいというときにも即日融資のサービスが消費者金融大手三社は充実しているのであなたの要求を満たしてくれるでしょう。

アルバイト・パートの方に最適な大手消費者金融

  1. プロミス SMBCコンシューマーファイナンス

    プロミスレディース
    実質年率 年4.5%~17.8% 借入限度額 最高500万円

  1. アコム 三菱UFJフィナンシャルグループ

    実質年率 年3.0%~18.0% 借入限度額 最高800万円

安定収入がないアルバイト・パートの方・専業主婦の方はカードローンに申し込めるのか?

アルバイトやパートで安定収入のない方や収入のない専業主婦は本来カードローンの申し込みはできません。以前は配偶者に収入のある主婦なら銀行のカードローンで申込可能でしたが、

 

現在では金融庁に規制されて、専業主婦や収入のない方の申し込みは、銀行カードローンでもできなくなっています。


消費者金融系カードローンでは専業主婦の場合も収入がないので申込の時点で断られてしまいます。銀行のカードローンは総量規制対象外であったので、収入のある配偶者(旦那)が審査の対象として申込が可能でしたが、現在では残念なことにその最終手段も絶たれている状況です。

アルバイト・パートが消費者金融等のカードローンに申込際の注意点

職業がアルバイトの人でもカードローンを申込むことは可能です。カードローンの契約には安定した定期的な収入が必要になりますが、アルバイトでも毎月安定した収入がある人であれば利用も可能です。

 

消費者金融のカードローンの契約には保証人は必要でありません。


但し、保証会社の保証を受けられるのが条件で大手消費者金融は保証会社を兼ねているケースが多いので明記していない業者もあります。なので本人がきちんと責任をもって返済できない場合は保証会社である消費者金融が回収作業を行うことになります。

保証人不要で利用できる消費者金融の審査判断は返済能力の有無がポイント

よって、審査ではその返済能力があるかどうかの判断を行っています。この返済能力の重要な判断材料となるのが同じ勤務先でアルバイト収入を得ている勤続期間で長ければ長いほど返済能力があると判断されます。

 

アルバイトやパートでも勤務先への在籍確認があるのかしら・・・


また、アルバイトの場合でも審査の際に在籍確認は行われます。これは勤務しているアルバイト先までカードローンを申し込んだ会社が電話が掛けて、確かにそこで勤務をしていることを確認する作業です。

アルバイトやパートの勤務先への在籍確認って?

勿論、この電話ではカードローン会社の名前は名乗らず、個人名で友人を装って掛けてきますが、アルバイトの場合は勤務中にそのような外部からの電話は取り次がないことも多いです。

この在籍確認の電話に本人が出る必要はありませんが、そのような電話が掛かってくるだけでも困る人の場合、この在籍確認を電話以外で行えるカードローン会社を利用する必要があります。

 

アルバイト先へは電話してほしくないなぁ・・・


申込みの前にアルバイト先に在籍確認の電話を掛けられると困る場合には電話連絡以外の方法で在籍確認の相談ができる消費者金融もあるのでそこで申込んでみるのが賢明です。アルバイトの場合はこの方法で在籍確認を行える消費者金融は限られてくるので

 

銀行カードローンを利用したい場合は諦める覚悟が必要です。


アルバイトへ消費者金融が融資できる額は?

また、アルバイトの人がカードローンで借入を行える額はその他の職業と同じく、総量規制によって年収の1/3迄の貸付になります。年収が90万円の人の場合は30万円迄だと解釈する必要がありますが、これはカードローン1件当たりの額ではなく借入の総合計額です。

 

これにはクレジットカードを利用したキャッシング枠の利用残高額も含まれます。


ですが実際の融資される額はもっと少ないと思って間違いはありません。そして学生でもアルバイトをして収入がある場合はカードローンを利用することができますが、20歳以上であることが条件なので未成年の学生はカードローンの利用ができません

これは満年齢で学年ではなく20歳の誕生日を迎えている必要があります。

アルバイトの学生が未成年の場合は?

キャッシングもクレジットカードも本質的な意味は借金です。キャッシングやクレジットカードの分割払いはそのどちらもに利子が発生しますので、必要な金額や必要な商品の支払い以上の対価が必要になります。

 

そこまでの事を未成年者が考えているかなぁ・・・


勿論、自分自身がかつて考えていたかと言うと全くそんな事はありません。そもそも現代日本は飢餓は克服していますし、デザイン性やブランド価値を除く機能性だけを考えれば大変安価で良質なモノが沢山あります。

 

アルバイト代が入る前に手に入れたい商品があるんだけどなぁ・・・


アルバイト収入を得ている未成年の学生のクレジットカードの利便性

それなのにも関わらずなぜ若い人たちはクレジットカードを利用するのでしょう。結局のところ購買意欲を煽るメディアが一番の原因と思いますが、そんな事を言ったところで若者は聞く耳を持たないでしょう。かつての自分がそうだったので偉そうな事は言えません。

 

アルバイト代が入るまで待てないのかなぁ・・・


個人的な考えですが銀行や消費者金融のキャッシングに関して申込み条件を20歳以上にしているので利用者にとっても良い規定であると思います。物欲の為だけに貴重な時間で稼いだアルバイト代を使うのは非常にもったいないと思うからです。

 

親の同意をもらえばクレジットカードで購入できるかも・・・


勿論、自分の得たアルバイト収入で欲しいものを購入するのは自由でその時は満足できるでしょうが、クレジットカードの利用する為に未成年者の我が子に同意を求められる保護者からすれば同意したくないのが本音です。

 

親の同意が貰えなければアルバイト代が入るまで待つしかないわねぇ・・・


未成年でなくとも学生である以上学業が本業であるので大半の親は銀行や消費者金融のキャッシングであろうとクレジットカードの利用によってアルバイト代を使うのではなく有効に使って欲しいと思うのが普通です。

アルバイトをしていますが消費者金融の審査に通りますか?

大手消費者金融は収入の少ないアルバイト・パートの味方

消費者金融といえば、なんといっても

 

誰でも手軽に利用できる


というのが最大の特徴であり同時にメリットであるといえます。中でもアコムプロミスといった「大手」と呼ばれる消費者金融では、その融資対象を正社員だけでなくアルバイトやパートで収入を得ている人にも広げており、より幅広い層からの利用申込を受け付けています。

誰でも手軽にと言うわけでもない

もちろん誰でも手軽に申し込むことができるとはいえ、誰でも無条件に融資を行っているというわけではありません。

アコムやプロミスをはじめとする消費者金融では、利用の申し込みをしてきた人に対しては、「審査」を行って融資を行っても問題がないかどうかを判断します。ここでいう「融資を行っても問題がないかどうか」というのは、簡単に言うと、

 

融資を行った分は返済できるかどうか?という点になります。


返済能力を測る最もシンプルで確実な指標となるのが「収入」です。

収入がなければどうしようもない

収入がない人に対して融資を行っても返済されない可能性の方が高くなりますし、また、仮に収入があったとしても日雇いや短期バイト等の場合には同様の不安要素があるということになります。

それでもアコムやプロミスがパートやアルバイトに対して融資を行っている背景には、ひとつはより多くの人に利用してもらいたいという点が考えられます。

もちろん、これはアコムやプロミスといった消費者金融業者の利益を確保するといった情報もあるのですが、利用する側からすればメリットでもありますので、ここは大いに利用したいところです。

アルバイトやパートでは安定収入があるかどうかが鍵

もちろん、審査に通るかどうかという点についてはまた違う話になりますが、アルバイトやパートで収入を得ているからといってそれだけが理由で審査に通らないということはありません。

特にプロミスやアコムの場合、審査にかかる時間がスピーディーであるということが体験談からも分かりますしメリットといえますので、すぐに審査結果を知りたい人や、できるだけ早くまとまったお金を融資してほしいという人にとってはおすすめランキングのキャッシングといえるでしょう。

しかし収入のない専業主婦となると今度は消費者金融であると言うことが足枷になります。アコム・プロミス・レイクでは専業主婦は借りることができません。

金融庁アルバイトお金を借りるキャッシングアルバイト借入アルバイト

アルバイトやパートで消費者金融に申込んだ体験談

アルバイト代だけでは生活費が足りずに消費者金融のモビットに申込んだ

 

以前、アルバイト代だけでは生活費が足りず、補填する目的でモビットにキャッシングの申込みをしたことがあります。それまでにキャッシングを利用した経験は二回あります。

まず、他の消費者金融会社から15万円、それとクレジットカード会社のキャッシング機能を利用して5万円借りたことがあります。ちなみに、モビットに申込みをしたときは別の金融機関に対してまだ債務は残っていた状態でしたので、他社借入件数は2件、債務の合計は20万円になります。

普段から浪費癖があるせいでなかなか返済が進まず、やってはいけないことなのですが、借金を返済するためにもモビットを利用しました。モビットのWEBサイトから申込みをしたのですが、審査スピードがとても早く、その翌日には審査を通過したとの連絡がお昼頃に入りました。

電話連絡の内容は融資契約に関する注意事項の確認と、融資枠を上げてはどうかといった勧誘もありました。もともとモビットには10万円しか借りるつもりはなかったのですが、そのときの年収であればあと50万円まで借りることができるとのことで、限度額を増枠しました。

そのときに、そのお金を使えば借金を一つにまとめられることに気づき、10万円ではなく30万円借りました。そのお金を生活費の補填と借金返済に使ったことで、返済が楽になり、今では完済できました。


無理せず家事の分担が出来ればベスト

 

私は結婚して2年程共働きをしていました。家事は半々・・・という訳にもいかず、殆ど私がしていました。何故なら、夫の方が早く家を出て、遅く帰ってきたからです。私は繁忙時以外は大体定時で帰れたので、1時間かけて夕飯を作ってもまだ夫は帰って来ないと言うような状態でした。

夫はお料理を作るセンスがないので、洗濯物を畳んだりお風呂掃除をするといったことをして貰いましたが、やはり私の方が家にいる時間が長いので、家事は90%私がしていました。

そのうち、疲れがたまったのか私の具合が悪くなることが多くなり、会社で倒れたり、酷い生理痛で病院に運ばれたりしてきたので、パートに替えたいと夫に言ったのですが、母親が夜勤もある仕事をしていた夫からは「でもパートじゃボーナスが出ないよね」と言われてしまいました。

結局、腹痛で病院に行った時妊娠がわかり、切迫流産の恐れがあったので会社を辞めることになりました。今思えばパートでお金を借りる事もなく会社を辞めたので大きな責任はありませんでした。共働きする場合は家事は分担でというのもわかりますが、それぞれの帰宅時間や会社からの距離などを考えるとキッチリ半分ずつにするのは難しいと思います。


カードローンの審査を通過して人生再スタート

 

長かった借金返済生活も、無事に今月で終わることができそうです。当初の目標通り、年内いっぱいで完済することができそうでホッとしています。自分で借りたお金なので完済することが当たり前なのですが、雪だるま式に膨らんでしまった借金を返すのは並大抵のことではありませんでした。

自分一人でただ漠然と返済していたのでは、未だに返済できる見通しすら立っていなかったと思います。このままでは返済だけで人生が終わってしまうと思ったので、友人に相談してカードローンの審査をしたのです。

友人も以前借金を抱えたことがあり、返済をした経験があったので相談してみました。友人が教えてくれた借り換えで、かなり金利を抑えることができたので返済しやすくなりました。

返済しやすくなったことに加えて、仕事も給与UPしたので精神的にゆとりを持って返すことができました。給与UPしても生活費は最低限しか手元に残さず、全て返済に充てました。お金の遣い方を見つめ直すいいきかっけにもなりました。


老舗の旅館で初体験をパートで借りた消費者金融のカードローンで

 

今年の夏休みに子供達を連れて、福島県いわき市に1泊2日で家族旅行に行きました。そもそもの目的はハワイアンズでプールを満喫するというもので、夕食は付けずに朝食のみのプランで予約をしました。

いつもの旅行はホテルに泊まる事が多くバイキング形式の食事でしたが、ハワイアンズに隣接した宿泊施設は満室でやむを得ず湯本駅の近くの旅館に泊まりました。当然旅館なので畳の客室でベットに慣れている子供達の反応が心配だったのですが、これが意外と新鮮に思えたのか川の字で並んで寝るスタイルに大はしゃぎで、枕投げをしたりとても好評でした。

そして最も子供達が喜んだのが、朝食をお部屋で食べれた事です。老舗の旅館でしたので、中居さんが手際よく伝統的なThe朝食をテーブルに並べてくれました。温泉卵もあり、さらにお味噌汁をテーブルの上で各自で温めて飲むスタイルには主人も私も感激しました。ただ1つビックルしたのが、屋上の露天風呂にシャワーや石鹸類が一切おいていなかったことです。

事前に言ってもらえれば、室内の大浴場で洗ってから露天風呂に移動出来たのになと、スタッフさんの配慮不足に子供達も文句を言っていました。宿泊費は6万円ちょっとでした。ともあれ、初めての経験ができて今回の家族旅行も楽しいものとなりました。家族で楽しい思いができるのならsmbcコンシューマーファイナンスから旅費を捻出してたまに出かけるのもいいのかなと思います。