ほとんどの消費者金融業者では、アルバイトで収入を得ている人にも融資を行っています。とはいえ、アルバイトで働いている人の立場としては、融資対象としている消費者金融業者といえど正社員で働いている人と比べて返済能力が低いと思われがちです。

その理由としては、ひとつは正社員ではないという点と、それが原因による収入の低さが挙げられます。そのため、アルバイトで収入を得ている人であっても消費者金融業者で借りる場合にはいくつかのポイントがあります。

 

ひとつは、アルバイトなら何でも良いというわけではないという点です。消費者金融ではお金を借りる上での条件として「毎月安定した収入を得ていること」があります。


毎月一定の金額が自分の口座にバイト先から振り込まれているのであれば問題ありませんが、それに加えてもうひとつ考えたいのが「勤務時間」です。基本的には週5日勤務などのように、

 

正社員に近い日数働いていることが望ましいといえます。


これは、アルバイトで働いている人であっても勤務先から信用されているかどうかを判断するうえでの大きな材料となります。

消費者金融で行われる融資は、保証人や担保を用意することなく利用することができますが、では何を保証にしているのかといえば「個人の信用」です。

 

この人に融資をして大丈夫か?


という点を審査で調べているのですが、そのうえで判断材料となるのが勤務実績だったり、収入の金額だったりするわけです。次に気をつけたいのはアルバイトの勤務先で働いているで勤続期間でしょう。アルバイトで収入を得ているのであれば、少なくとも1年以上は同じ勤務先で働いていることが望ましいといえます。

この点についても、消費者金融が審査で確認する個人保証に関係するポイントです。以上をクリアしていれば比較的消費者金融で即日融資を受ける可能性も高くなってきます。

このように、アルバイトで働く人の場合はいかに収入が安定しているか、そして信用できる人間であるかどうかを証明できるかという点が消費者金融のアルバイトでの借入では重要となります。