学生の方が生活費に困ってしまった場合、まずは親に仕送りをお願いすることが多くなります。仕送りをお願いすることによって、多少ですが生活費に余裕を持たせることが出来るはずです。

しかしこの方法では親への負担が大きくなるだけでなく、場合によってはなぜ必要なのかを問いただされる可能性があります。これではあまり意味が無いので、なるべく理由をしっかり話し、必要な物は自分で手に入れるくらいの気持ちを持ってください。

親に気付かれないように増やす方法としては、キャッシングを利用する方法もあります。キャッシングは手軽に生活費を手に入れることが出来る方法であり、使い方によっては生活費を借りて返すことを続けられる場合もあります。

しかしこの方法にはデメリットがあり、まず働いている人以外はこの方法で借りることができません。次に借りたとしても、返済が出来なくなると親に連絡を入れられることとなり、当然のように借りたことが知られてしまいます。

また生活費として借りる場合、とにかく返済との戦いとなってしまい、思っていた以上に返済に時間がかかる等の問題が生まれてしまうのです。そのためキャッシングは最後の手段として考えることになり、それ以外の時は考えないようにしておきましょう。

基本的には親を頼った方がいいと思いますし、短期間で追加のアルバイトが可能であればする方がいいです。それでも駄目ならキャッシングという手段を利用して、少し借りるくらいで対応するといいです。